埼玉のご当地&B級グルメ15選!名物の郷土料理から人気のお土産まで紹介

埼玉のご当地&B級グルメ15選!名物の郷土料理から人気のお土産まで紹介

埼玉には「深谷ねぎ」を使ったご当地グルメや、B級グルメの「みそポテト」、郷土料理の「すったて」といった名物グルメが盛りだくさん!また、お土産にぴったりの銘菓も見逃せません。今回は、埼玉の名物グルメを麺類・ご飯もの・お惣菜・お菓子に分けて紹介します。埼玉を訪れた際に、ぜひ味わってみてくださいね♪
  • 2022.06.24

【麺類】埼玉の名物グルメ5選

埼玉の「こうのす川幅うどん」
小麦の主要な生産県である埼玉には、麺類のご当地&B級グルメが数多くあります。なかには、まかない食だったメニューが、埼玉ならではの名物料理として人気になったものも。まずは、麺類の名物グルメを紹介します。

1. 荒川をイメージしたグルメ「こうのす川幅うどん」

「こうのす川幅うどん」は、川幅が日本一である荒川をイメージして作られた、麺の幅が広い手打ちうどんです。お箸で麺を持ち上げると、まるで川の流れのように見えます。
「めん工房 久良一」は、埼玉B級ご当地グルメ王決定戦で優勝したこともある「こうのす川幅うどん」の人気店。モチモチの食感とマイルドなだし汁が人気です。

2. さっぱり風味の夏の定番「すったて」

道の駅庄和の「すったて」
「すったて」は、埼玉が誇るローカルフードで夏の定番メニューです。ゴマや大葉、ミョウガなどをすりつぶして味噌と混ぜ、だし汁で割ってうどんをつけながら食べる料理。「すりたて」が訛って「すったて」になったとされています。
道の駅 庄和(しょうわ)内にある「麦ぼうず」の「すったて」は、ゴマの香ばしさと薬味のさっぱりした風味が食欲を誘います。定番の「すったてうどん」の他、そばも楽しめる「合盛りすったてうどん天ぷらセット」もおすすめです。

3. 太麺が肉汁に絡む「武蔵野うどん」

「武蔵野うどん」は、太めでコシのあるうどんを甘辛い肉汁につけて食べるグルメ。豚肉&つけ汁の旨味とコクが、モチモチの麺によく合います。
元祖武蔵野うどん「めんこや本店」の「武蔵野うどん」は、コシの強い手打ちうどんと、かつおベースのつけ汁の相性が抜群!手打ち麵・肉汁の具・つけ汁がセットになった「小江戸箱セット」は、お土産として人気があります。

4. 豆腐の食感が絶妙「豆腐ラーメン」

埼玉のB級ご当地グルメ「豆腐ラーメン」
鶏がら&しょうゆ味のスープに挽肉やねぎ、豆腐が入っているラーメンで、豆腐の食感が絶妙と評判!まかない食だったラーメンが埼玉のご当地グルメになり、埼玉B級ご当地グルメ王決定戦で2回の優勝を果たしました。
元祖豆腐ラーメンを食べるなら「市民会館いわつき」1階の「レストラン大手門」へ。地元の豆腐屋に特注した豆腐をたっぷりと使用しているのが魅力です。

5. 深谷ねぎたっぷりの郷土料理「煮ぼうとう」

埼玉の特産深谷ねぎや根菜類をたっぷり使った郷土料理です。幅広の麺を野菜とともに煮込み、しょうゆで味をつけています。埼玉B級ご当地グルメ王決定戦の初代グルメ王としても有名。
「煮ぼうとう」を堪能するなら、地元食材をふんだんに使った料理を味わえる「割烹 楓」がおすすめです。生麺から出るとろみが味わい深く、心もお腹も温まります。
深谷周辺には、魅力的なスポットがたくさん!詳しくは、こちらの記事をチェックしてみてください。

【ご飯もの】埼玉の名物グルメ3選

秩父の「豚みそ丼」
続いて、埼玉のご飯もの名物グルメを見ていきましょう。ボリューム満点の丼ぶり、埼玉の野菜を使ったカレーなど、どれも満足度が高いグルメばかりです。

1. 秩父の行列グルメ「豚みそ丼」

「豚みそ丼」は、行列ができるお店も多い秩父の人気グルメ。豚みそ漬けを炭火で焼き上げ、ご飯にのせた丼ぶりです。
「豚みそ丼」発祥のお店とされているのが、「秩父名物 豚みそ丼本舗 野さか」です。炙りたてのツヤツヤしたお肉を豪快に盛り付けたビジュアルが食欲をそそります!

2. 大きなカツの圧倒的存在感「わらじカツ丼」

秩父の「わらじかつ丼」
丼ぶりから溢れんばかりの大きなカツが盛られた、秩父でおなじみのグルメです。濃いめの甘ダレがかかっているので、ご飯がもりもり進みます。
「わらじカツ丼」の人気店が「安田屋」です。メニューは「わらじカツ丼」のみというこだわり。ボリューム満点なのはもちろん、サクサクの衣においしいタレが絡む絶品のかつ丼です!
安田屋 日野田店
【住所】〒368-0034 埼玉県秩父市日野田町1-6-9/【電話番号】0494-75-0074/【営業時間】11:30~16:30 /【定休日】月曜日※営業時間が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に公式Webサイトや電話などでご確認をお願いします。

3. 爽やかな酸味が食欲をそそる「北本トマトカレー」

北本特産のトマトをふんだんに使った真っ赤なご当地カレー。全国数々のカレーフェスティバルで優勝・入賞歴のあるグルメです。家庭で楽しめるレトルトカレーや、カレーフレークも販売されています。
「インド料理&アジアン居酒屋ヘブン」は北本トマトカレーの人気店です。食べやすいマイルド&爽やかな味わいのトマトカレーを楽しめます。

【お惣菜】埼玉の名物グルメ3選

埼玉のご当地グルメ「ゼリーフライ」
埼玉の名物お惣菜グルメも見逃せません!個性的でユニークかつおいしいグルメが目白押しです。

1. おいしくてヘルシー「ゼリーフライ」

ゼリーフライは、おからと野菜を使った衣の無いコロッケのようなお惣菜。小判のような「銭形」だったことから「ゼニフライ」と呼ばれ、そこから「ゼリーフライ」になったと言われている行田市の名物グルメです。
おすすめは「じゃぱん亭 行田門井店」の「ゼリーフライ」。じゃがいもやにんじん、たっぷりのおからが入ったヘルシーな「ゼリーフライ」が食べられます。
埼玉のご当地グルメ「行田フライ」
「ゼリーフライ」の他、鉄板の上で焼くお好み焼きのような「行田フライ」も名物として知られているグルメ。小麦粉の産地である行田市では、古くから間食として食べられています。

2. 秩父の名物B級グルメ「みそポテト」

「みそポテト」は、秩父でおやつとして食べられてきた郷土料理の1つです。一口大のじゃがいもに衣をまとわせて揚げ、味噌ダレをつけて食べます。埼玉県のB級グルメとして全国的にも有名です。
「おやつ本舗」では、甘辛い味噌ダレが衣に絡む、ホクホクの「みそポテト」が食べられます。西武秩父駅前の温泉施設「祭の湯」内にあるので、湯上り後のおやつとしていかがでしょうか。

3. 草加せんべいの食感を楽しめる「そうからあげ」

「そうからあげ」とは、タレに鶏肉を漬け込み草加せんべいの衣をまぶして揚げたご当地グルメ。サクサクした草加せんべいと、ジューシーな鶏肉の食感がたまりません。
「そうからあげ」は、「インどり屋」が草加の街おこしのために開発したメニューです。日本唐揚げ協会開催の「からあげグランプリ」で2011年から6年連続で金賞を受賞!スパイシーで香ばしい絶品からあげが堪能できます。

【お菓子】埼玉の名物グルメ4選

熊谷の銘菓「五家宝」
最後に、埼玉の名物お菓子を紹介します。全国的にも有名な銘菓が揃っているので、お土産として選ぶ際の参考にしてみてください!

1. 熊谷の伝統銘菓「五家宝」

「五家宝」は、熊谷の伝統銘菓で、米ときな粉、水あめを使った素朴な味わいが人気。130年以上続く老舗和菓子店「堀内製菓」の「五家宝」はお土産に最適です。上質な大豆と餅米を使用した「きな粉」、貴重な青大豆を使用した上品な「うぐいす」の他、ご縁の感謝の気持ちを表す日本一長い「末長く」といった種類があります。

2. 歴史と伝統を感じさせる「草加せんべい」

「草加せんべい」は、数百年前からある伝統的な米せんべいで全国的にも有名です。1865年創業以来、生地づくりから焼き上げまでこだわりの製法を守っているのが「いけだ屋」。詰め合わせや一口サイズなど、お土産にぴったりの商品が数多く揃っています。

3. 川越産のさつまいもスイーツ「いも恋」

川越産のスイーツ「いも恋」
川越特産のさつまいもを使ったスイーツも人気です。「菓匠右門」の「いも恋」は、全国的にも評判が高いおまんじゅう。モチモチとした山芋ともち粉の生地に、粒あんとさつまいもの輪切りが入っています。埼玉県からは「彩の国認定優良ブランド品」としても認定されています。

4. 埼玉定番のお土産菓子「十万石まんじゅう」

老舗和菓子店「十万石ふくさや」の銘菓。日本ギフト大賞2018埼玉賞を受賞した、埼玉土産定番の和菓子です。きめが細かくしっとりとした皮に、甘さ控えめのあんこが包まれています。「うまい、うますぎる」のフレーズで地元の人にもおなじみです。

埼玉の美味しいご当地&B級グルメを堪能しよう!

秩父のB級グルメ「みそポテト」
埼玉には地元の特産品などを使用した名物グルメが盛りだくさん!埼玉を訪れたら、ご当地&B級グルメを食べて食の魅力を堪能しましょう。
また埼玉には名物グルメだけでなく、魅力的な観光スポットも多数あります。「深谷ねぎ」で有名な深谷では、春にオープンした「深谷テラス」や秋にオープン予定の「ふかや花園プレミアム・アウトレット」などワクワクする施設に注目が集まっています!埼玉のグルメ巡りとあわせて、訪れてみてはいかがでしょうか?
TOP