いますぐ分かる簡単骨格診断で、自分に似合うトップスの選び方を伝授!体型カバーできるコーディネートのコツも紹介

いますぐ分かる簡単骨格診断で、自分に似合うトップスの選び方を伝授!体型カバーできるコーディネートのコツも紹介

自分の骨格のタイプを知っていますか? 「素敵!探していたイメージどおりの服」と思って試着したけれどなんだか似合わない。そんな経験がある方は、自分の骨格に似合う服を選べていない可能性も? 「太っている」「痩せている」「背が高い」など、体の特徴ではなく、骨格タイプに合わせた選び方なら、失敗しない洋服選びやコーディネートがができるようになります。今回はそのベースとなる骨格診断、またタイプ別の服選びのコツをご紹介。セルフ骨格診断も要チェックです。
  • 2020.08.18

誰でもたちまちスタイルアップできる「骨格診断」とは?

生まれ持った体のボディラインや筋肉の付き方をもとに、似合うファッション(体型をより美しく魅せる服の形やバランス)を導き出すための理論をもとにしたのが「骨格診断」です。骨格や骨の大きさ、筋肉の付き具合など、体型の特徴から判断するので、太っている・痩せているなどは関係ありません。
骨格タイプは【ストレートタイプ】【ウェーブタイプ】【ナチュラルタイプ】の3種類。
骨格診断の3type
【ストレートタイプ】上重心で、体に厚みのあるメリハリボディ
【ウェーブタイプ】下重心で、華奢な体型
【ナチュラルタイプ】関節が大きめで、肉感を感じさせない体型

自分の骨格タイプを知ることでこんなメリットが♪

自分の骨格タイプ(体の特徴)を知ると、太って見える、貧素に見える、脚が短いなどの自分の体型の欠点をカバーできる服選びができるようになり、失敗しないトップス選びも可能に。まずは自分がどのタイプなのかチェックしましょう。

簡単骨格診断でセルフチェック!

当てはまる特徴をチェックしましょう。チェックが多くついたタイプが、あなたの骨格タイプです。
自分で判断ができない場合には、ご家族や友人にアドバイスをもらうといいですね。
※こちらの診断は、あくまで簡易チェックです。正確な結果を知りたい方はプロによる診断をおすすめします。
■胸板の特徴は?
A 見た目より厚みがある(鳩胸だといわれたことがある)
B 薄く平面的
C 厚みよりも肩甲骨が目立つ
■首の特徴は?
A どちらかというと短い
B どちらかというと長い
C 太く筋張った印象
■鎖骨の特徴は?
A 小さくあまり目立たない
B すこし目立つが骨が細い印象
C 大きくしっかりしている
■筋肉の特徴は?
A 全体的に筋肉がつきやすく、二の腕や太ももが太くなりやすい
B 筋肉はつきにくいが、下半身に脂肪が付きやすい
C 筋肉はあまり気にならないが、関節や骨太さが目立つ
■ヒップの特徴は?
A ヒップ幅が狭く、ヒップトップの位置が高く丸みがある
B ヒップ幅が広く、ヒップトップの位置が低い
C ヒップトップの位置は高めだが、ヒップは平たい
■腰の特徴は?
A 腰が高い(アンダーバスト〜ウエストまでが短い)
B 腰が低い(アンダーバスト〜ウエストまでが長い)
C 腰が高め(アンダーバスト〜ウエストまでがやや長め)
■ひざの皿の特徴は?
A 小さい
B 小さくも大きくもない
C 大きい
Aが多いあなたは…「ストレート」タイプ

Bが多いあなたは…「ウェーブ」タイプ

Cが多いあなたは…「ナチュラル」タイプ

【ストレートタイプ】の特徴

体に厚みがあり、バスト・ウエスト・ヒップにメリハリがある女性らしい体型です。
肌にハリがあり、筋肉質の方が多い傾向にあります。
骨格診断:ストレートタイプのイラスト

【ストレートタイプ】は直線を意識した着痩せコーデがポイント

装飾のないシンプルでベーシックなデザインが似合います。体に厚みがあるため、太って見えやすいので、縦ラインを強調するシルエットを作ると洗練された着痩せコーデに。デコルテをみせると上半身をすっきりとしたシャープなイメージにみせることができます。

【ストレートタイプ】のトップスの選び方

サイズ感:ジャストサイズ(フィット感のあるものは太って見えるので注意)
着丈:ジャストサイズ(短いと太ってみえる・長めはだらしなくみえるので注意)
首周り:縦に深く開いたシンプルなデザイン(Vネック・Uネック、スクエアネックなど)やシャツスタイルなど、直線的でシンプルなもの
骨格タイプ「ストレート」には、Vネックなどの首周りが大きく開いているトップスがおすすめです。
ストレートトップス1:ジャストサイズのTシャツ
ジャストサイズがマスト。首周りをすっきり魅せることで女っぽさのキープに。
ストレートトップス2:Vネックのシャツ
デコルテをみせることで、首を長く首周りをすっきりとみせることも。
ストレートトップス3:首元があいたシャツ
丸首でも、首元が大きくあいていれば、クールな印象やきれいなシルエットに。

【ウェーブタイプ】の特徴

体の厚みが薄く、華奢な体型です。柔らかい肉質の方が多い傾向にあります。
骨格診断:ウェーブタイプのイラスト

【ウェーブタイプ】は首周りにボリュームをもたせた華やかコーデがポイント

体に厚みが無いため、顔周りが寂しく見えやすい傾向に。女性らしい曲線やデザイン性のあるもの、ふんわり感を意識したファッションが◎。服そのものに存在感のあるデザインがよいでしょう。

【ウェーブタイプ】のトップスの選び方

サイズ感:フィット感のあるもの
着丈:短め〜ジャストサイズ(胸下の切り替えは高めがおすすめ)
首周り:襟元が詰まっているデザイン(クルーネック、ボートネック、タートルネックなど)やふんわりとしたブラウス、フリルやシフォンのついたもの
骨格タイプ「ウェーブ」は、目線が上半身にくるような服を選ぶと見た目のバランスがよくなります。
ウェーブトップス1:レースの装飾がある服
胸元にレースなどの装飾があると、胸元が華やかに。
ウェーブトップス2:袖周りにボリュームのある服
首周りや袖周りにボリュームをもたせ“ぬけ感”のあるかわいいレディコーデに。
ウェーブトップス3:ローゲージニットの服
ニットなら、ハイゲージよりも糸が太いローゲージに。ショート丈やデザイン性のあるものなら、体の薄さをカバーし、柔らかくエレガントなイメージに仕上げることができます。

【ナチュラルタイプ】の特徴

骨格がしっかりしていて肉感を感じさせないスタイリッシュな体型です。筋肉や脂肪が付きづらい傾向にあります。
骨格診断:ナチュラルタイプのイラスト

【ナチュラルタイプ】はオーバーサイズや着崩したスタイリッシュコーデがポイント

オーバーサイズを選ぶことで、骨格や関節などが目立つ体のフレームを隠すことができます。ラフに着崩してもおしゃれに見えるのが骨格タイプ「ナチュラル」の特権。タートルネックは、首周りに余裕があるものを選ぶといいですね。ドルマンスリーブやベルスリーブもおすすめ。

【ナチュラルタイプ】のトップスの選び方

サイズ感:大きめ
着丈:長め
首周り:体にフィットしたデザインを避ければ、首周りは詰まっていても開いていてもOK
ゆったりしたものやオーバーサイズのシルエットが得意です。
ナチュラルトップス1:オーバーサイズのTシャツ
身幅や袖幅が大きいものをラフに着崩すと女性らしさを演出できます。
ナチュラルトップス2:ゆったりしたトップス
デザイン自体がないものや、ゆったりしたもの、個性的なデザインや凝ったデザイン、アシンメトリーもバランス良く着こなせるのがナチュラルタイプ。
ナチュラルトップス3:長めでゆったりとした服
長いもの、ゆったりしたものもナチュラルタイプならおしゃれな雰囲気に。

骨格タイプをもとに、全国のプレミアム・アウトレットでお気に入りのトップスを選んでみて♪

自分の骨格タイプを知っていれば、クローゼットの中の似合うワードローブが増えますね。全国のプレミアム・アウトレットなら、ブランドも数多く入っているので、自分に似合うテイストやデザインの服がきっと見つかるはず!今週末はお気に入りの1着を求めてプレミアム・アウトレットへ足を運んでみませんか?
トップスだけでなく、コート選びにも骨格タイプは重要です。自分の体のラインに合った、一生モノのコートを選ぶには、【骨格診断】で失敗知らずのコート選びを! 体のラインを知って運命の一着をプレミアム・アウトレットで見つけようをチェック!
このページの監修
Briller-image 代表 川上貴子さん
■一般財団法人生涯学習開発財団認定イメージコンサルタント
■一般社団法人イメージプロデュース協会認定イメージコンサルタント
■イメージコンサルタントプロ養成アカデミー@千葉校(船橋)
TOP