ギフトにも人気のチョコレート。種類や特徴を知って大切な人へ贈ろう

ギフトにも人気のチョコレート。種類や特徴を知って大切な人へ贈ろう

バレンタインやホワイトデー、クリスマスに誕生日といったさまざまなシーンの贈り物の定番であるチョコレート。種類が豊富なので、選ぶ楽しさがあります。この記事では、チョコレートの種類や選び方のポイント、おすすめのチョコレートブランドを紹介します。気になるお相手においしくておしゃれなチョコレートを贈りたい人、必見です!
  • 2021.12.21

人気のチョコレートの種類と特徴【味】

4種類のテイストのおしゃれなタブレットチョコレート
まずは、人気チョコレートの種類と特徴をチェック!最初に注目するのは「味」です。チョコレートの味は、ミルク、ダーク(ブラック)、ホワイトに最近登場した第4、第5のチョコレートと呼ばれているルビー、ブロンドを加えた、主に5種類があります。

1. ミルクチョコレート

ミントの葉を載せたミルクチョコレートのかけら
カカオマスに砂糖と乳原料がプラスされたチョコレートです。一般的なミルクチョコレートは、カカオマス含有率が20%~40%程度。甘めのものが多く、ミルクのまろやかな味わいが特徴です。

2. ダーク(ブラック)チョコレート

ダークチョコレートのタブレット
カカオマス含有率が40%以上のものは、ブラックチョコレートと呼ばれます。乳原料をほとんど、もしくは、まったく使わないのが特徴で、苦みのある大人の味わいです。さらに、カカオマス含有率が60%以上のチョコレートはハイカカオと呼ばれます。

3. ホワイトチョコレート

割れているホワイトチョコレートのタブレット
ホワイトチョコレートは、カカオマス含有率0%。カカオマスは使用ぜず、カカオバターや乳製品、砂糖などで作られています。苦みのない甘い味わいが特徴です。

4. ルビーチョコレート

ルビーチョコレートのタブレット
近年注目を集めるピンク色のルビーチョコレート。これは、スイスのメーカー「バリー・カレボー」が開発した新しいチョコレートです。鮮やかなピンク色は着色料を使っているのではなく、カカオ豆の中にある独特の成分によるもの。ベリーのような酸味があります。

5. ブロンドチョコレート

カシューナッツとピーカンとブラックソルト入りのブロンドチョコレート
ブロンドチョコレートも新しいチョコレートとして人気が高まっているものの1つ。脱色していないホワイトチョコレートで、ほんのり塩味を感じる味わいです。フランスの老舗チョコレートメーカー「ヴァローナ」が開発しました。

人気のチョコレートの種類と特徴【形】

いろいろなフレーバーのチョコレート
続いて、チョコレートの形にも注目してみましょう!味と同様に、チョコレートにはさまざまな形があります。

1. チョコレートバー

いろいろなテイストのチョコレートタブレット
板チョコ、タブレットとも呼ばれるチョコレートバーは、伝統的な基本の形と言えるでしょう。シンプルな味のものがメインですが、ナッツやドライフルーツが入ったチョコレートバーもあります。

2. カレ

銀色の包み紙から取り出したカレ
「四角」という意味のフランス語からついた名前の通り、一口サイズの薄い正方形のチョコレートがカレ。チョコレートバーと同様に、シンプルな味が多いチョコレートです。

3. 生チョコレート

箱に詰められた生チョコレート
チョコレートに生クリームを加えたガナッシュを冷やし、固めたものが生チョコレート。ココアパウダーをまぶしたものが多くあります。やわらかくなめらかな口当たりが人気です。

4. ボンボンショコラ

白い箱の中に詰められたボンボンチョコレート
フランス語で「一口サイズの砂糖菓子」という意味の「ボンボン」が名前についたチョコレート。一口サイズのチョコレートの中にガナッシュやプラリネ、ジャンドゥーヤなどが入っています。丸い形のものは「トリュフチョコレート」と呼ぶこともあります。

チョコレートを贈る際の選び方

バラエティ豊かなチョコレートを並べているテーブル
バレンタインやホワイトデーに人気のチョコレートを贈るなら、相手に喜んでほしいですよね。いろいろなブランドやメーカーのチョコレートの中から、贈り物のチョコレートを選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。ここでは、大事な4つのポイントを紹介します!

1. 甘さが変わる「カカオの量」で選ぶ

チョコレートの甘さは、含まれているカカオの量によって変わります。目安として、一般的な甘さのチョコレートは30%~50%のカカオ含有率です。一方、カカオ含有率が高いハイカカオチョコレートは、甘さ控えめでよりカカオの風味を味わえます。カカオ含有率が上がるとカカオに含まれるポリフェノールも多くなるので体に良いとされており、健康志向の人にもおすすめです。

2. テイストが変わる「カカオの産地」で選ぶ

チョコレートのテイストは、使用するカカオの産地によっても変わります。なぜなら、地域や国によって育てているカカオの品種が異なるからです。世界中のカカオの80%~90%を占めているのは「フォラステロ」という品種。苦味が強く酸味や渋味もあります。カカオ生産量世界1位と2位であるコートジボワールやガーナを始めとする、西アフリカで育てられている品種です。世界3位のカカオ生産量であるインドネシアなどの東南アジアでも「フォラステロ」が育てられていますが、西アフリカ産に比べると酸味が強いそう。
また、ブラジルやベネズエラなどの中南米では、苦みが少なく甘みと香りが特徴の「クリオロ」という品種のカカオが育てられています。このように、カカオの産地によって味わいが違うので、チョコレート好きな人には食べ比べができるよう、産地別に組み合わせて贈るのも良いでしょう。

3. 「製造国」によって異なる特徴で選ぶ

チョコレートの生産国、ブランドの創業国によっても特徴が出ます。例えば、ベルギーのチョコレートは、カカオバター100%のものが多いので風味が豊かです。スイスで主流なのは、クリーミーなミルクチョコレート。イタリアのチョコレートはジャンドゥーヤのようなナッツ入りのものが多く、フランスではビターな味のブラックチョコレートが好まれているようです。

4. 好みに合わせた「フレーバー」で選ぶ

フレーバーもチョコレートの味の決め手になります。プラリネが入ったものや、ドライフルーツが入ったもの、ナッツ入りのものなど、贈る相手の好みに合わせてフレーバーを選びましょう!お酒が苦手な人やお子さんに贈る場合は、購入時にアルコールが入っていないか確認しておくと安心です。

人気のチョコレートブランドも要チェック♡

チョコレートショップの店頭に並ぶプラリネチョコレート
大切な人へのギフトとしてチョコレートを贈るなら、味に定評がある老舗のチョコレートブランドや世界的人気を集めている有名ショコラティエのチョコレートがおすすめ♡どれもテイストに加え、見た目も美しいチョコレートばかり!贈った相手に1粒1粒のおいしさと美しさを堪能してもらえるでしょう。ここでは、プレミアム・アウトレットで購入できる人気のチョコレートブランドを紹介します。

Godiva(ゴディバ)

Godiva(ゴディバ)の看板
90年近い歴史を持つベルギーのチョコレートメーカーGodiva。高級チョコレートの先駆者的ブランドとして世界中で愛されています。創業当初のレシピを守り、伝統的なチョコレートを作り続けると同時に、新しいシェフによるレシピやデザインも積極的に取り入れているのが特徴です。ギフトだけでなく自分用にも購入したくなる、ハイクオリティなチョコレートがお得に手に入るのは嬉しいですね♡

Lindt(リンツ)

Lindt(リンツ)のリンドール
1879年にスイスのベルンで誕生したLindtのチョコレートは、なめらかな口どけが人気を集めています。サステナビリティ(持続可能性)の考えを大切にしているLindtは、カカオ農家を支援し厳選されたカカオを入手しているそうです。
ブランドのシグネチャーでもあるLINDOR(リンドール)は、フレーバーのバリエーションも多く、ミルク・ダーク・ピスタチオ・ストロベリー&クリーム・抹茶・バターピーカンなど、定番のフレーバーだけでも約20種類展開しています。ギフトにぴったりの詰め合わせの他、プレミアム・アウトレットでは、量り売りも人気です。

Pierre Marcolini(ピエール マルコリーニ)

Pierre Marcolini(ピエール マルコリーニ)の看板
ベルギーのショコラティエであり、パティシエでもあるピエール・マルコリーニ氏の高級チョコレートブランドPierre Marcoliniもおすすめ♡2015年にベルギー王室御用達の称号を得ています。
カカオ豆からチョコレートバーまでのいっさいを自社で手掛けるスタイル「Bean to Bar(ビーントゥバー)」の先駆者的ブランドです。ボックスに詰められた粒チョコレートは、どれも美しいアートのよう♡うっとりするようなとろける口どけが楽しめる「ベイクドショコラ」など、御殿場プレミアム・アウトレット店限定のスイーツも人気です。

Kitkat(キットカット)

大人から子どもまで人気のチョコレート菓子、キットカット。レギュラー商品から、期間限定商品、日本各地で展開しているご当地キットカット、パティシエが監修している高級志向の「キットカット ショコラトリー」まで、さまざまなキットカットが並びます。ギフトにもお土産にもおすすめです♡

人気のチョコレートブランドのショップに立ち寄ってみるのもおすすめ!

色とりどりのチョコレートが詰め合わされたボックス
甘くておいしいチョコレートは、ギフトの定番♡チョコレートの種類やブランドを知ることで、プレゼントするチョコレートが選びやすくなるでしょう。老舗チョコレートメーカーのシグネチャーチョコレートや人気ショコラティエが手掛ける高級チョコレートなど、プレミアム・アウトレットではさまざまなチョコレートが選べます。ぜひ、甘くとろけるチョコレートギフトを探しに来てくださいね♡
ご紹介店舗 出店施設

■Lindt:御殿場りんくう土岐神戸三田仙台泉あみ酒々井
■Godiva:御殿場りんくう佐野鳥栖土岐神戸三田酒々井
■Pierre Marcolini:御殿場
■Kitkat:りんくう
※各店舗の営業状況は、各施設の公式Webサイトをご確認ください。
※出店施設は記事公開日時点での情報です。最新情報は各施設の公式Webサイトをご確認ください。
TOP