寝室のおしゃれなインテリア実例集!ナチュラルな配色や家具配置などのコツも解説

寝室のおしゃれなインテリア実例集!ナチュラルな配色や家具配置などのコツも解説

プライベートな時間を過ごす寝室。リラックスできる部屋にしたいなら、インテリア全体の配色や家具配置にこだわることも大切です。この記事では、快適でおしゃれな寝室づくりのコツや実例、寝室のインテリアを彩るアイテムを紹介します。居心地の良いインテリアに仕上げて、理想の寝室をつくりましょう。
  • 2021.01.21

快適でおしゃれな寝室をつくるコツ

ナチュラルな寝室
まずは、快適でおしゃれな寝室を作るコツを紹介します。コツを掴んでおけば、インテリアのコーディネートがスムーズに進みます。

理想のイメージを固める

まずは、自分が理想とする寝室のイメージ例を探すことからスタートしましょう。自分の理想通りにコーディネートされているインテリア画像があると、イメージが湧きやすくなります。インテリアに関するSNSの投稿やインターネット、雑誌などから情報を収集してみてください。

配色にこだわる

寝室は、ゆっくりとくつろいで心身を休めるための部屋です。インテリアの配色を決める時は、そのことを意識しましょう。リラックス効果があるとされる青・茶・緑などを使うと、癒しを感じられるインテリアになります。その他、無彩色の方が好みの人には、白・黒・グレーなどもおすすめです。

使用する色数は2~3色、多くても4色程度に絞ると、まとまりが良くリラックスしやすい空間がつくれます。

淡く光る照明を取り入れる

照明は落ち着いたものを選びましょう。やわらかい光で部屋を照らす、オレンジがかった暖色の間接照明などが適しています。また、ゆらゆらと揺れる炎に癒されるキャンドルを置いたり、豆電球型の小さなペンダントライトを複数取り付けたりしても、おしゃれな雰囲気がつくれます。

家具配置を工夫する

家具配置も、快適な寝室をつくるためにこだわりたいポイントです。ベッドは上側(頭の部分)に窓がこないように配置するのが基本。窓が上側にあると太陽の光を眩しく感じたり、冷気が入ってきたりする可能性があります。

また、生活導線に沿って壁と家具、もしくは家具同士の距離を保つことも重要です。配置する家具の種類や部屋の間取りによって異なりますが、50~70センチメートル程度の距離はあけておきましょう。

寝室にナイトテーブルを置く場合は、部屋の広さや生活導線とのバランス、ベッドの数などを考慮し、いくつ置くのか・どこに置くのかを決めてください。

圧迫感をなくす

一人暮らしの寝室や6畳程度の狭い寝室でも、開放感を持たせることでよりおしゃれに見せられます。ヘッドレスタイプのベッドを選べば、部屋が広く見えるでしょう。また、ベッド下を活用して収納スペースにすると、収納力も上がります。その他、壁に棚を取り付けて収納スペースを増やすのも、圧迫感をなくす工夫の1つです。

寝室のおしゃれなインテリア実例

寝室づくりのヒントになる、おしゃれなインテリアの実例をスタイルごとに見ていきましょう。ゆったりとした時間を過ごせる、自分好みのインテリアを見つけてください。

ナチュラルな北欧スタイル

北欧スタイルの寝室
木のぬくもりを感じるアイテムを選べば、北欧スタイルを思わす、ナチュラルな雰囲気のインテリアになります。また、北欧テイストの明るいテキスタイルを配置するのも素敵。ベッドカバーや枕カバーなどで取り入れてみましょう。柄ものを避けたい場合は、木製家具との相性が良くなじみやすい、グリーンカラーを上手く活用してみてください。

洗練されたホテルライクスタイル

ホテルライクな寝室
白などのシンプルなカラーやデザインでまとめると、ホテルライクな寝室に。コーディネートのアクセントは、グレーやネイビーなど落ち着いたカラーがおすすめです。ホテルによくあるベッドスローやフットベンチなどを置くと、より洗練された雰囲気になります。

センス溢れるヴィンテージスタイル

ヴィンテージスタイルの寝室
アースカラーをメインに家具や小物をコーディネートすれば、彩度が抑えられ、寝室がヴィンテージ風に仕上がります。暗い印象にならないよう、メタリックな照明などを取り入れてアクセントにするのがポイント。壁に雰囲気のある写真や絵画を飾ると、よりおしゃれに見せられます。

落ち着きのある和スタイル

和スタイルの寝室
和室の寝室は、落ち着きを意識してコーディネートするのがポイント。和を感じさせる、くすんだ自然色のアイテムは、畳の部屋にもなじみやすくおすすめです。寝具は布団の他、低めタイプのベッドも和スタイルの寝室に向いています。

インテリアに統一感を出したい場合は、和テイストの家具や照明を置きましょう。反対に、海外デザインの小物などを配置すると和モダンになりますよ。

オープンクローゼットを活かしたショップスタイル

ショップスタイルの寝室
オープンクローゼットが付いた寝室であれば、見せる収納にチャレンジしてみてください。お気に入りのファッションアイテムをセンス良くディスプレイすれば、おしゃれなショップのような雰囲気に。ハンガーパイプの向きを工夫し、服が正面を向くようにすると、ショップ風のディスプレイがしやすくなります。

寝室のインテリアを装飾してくれるおすすめアイテム

寝室は雑貨や家具にこだわることで、さらにおしゃれに見せられます。寝室におすすめのアイテムを紹介します。

観葉植物

観葉植物に囲まれた寝室
癒しを与える植物は、ゆっくりと過ごしたい寝室に向いています。床に置くスペースがない場合は、天井や壁からぶら下げるなど工夫してみてください。

収納かご

ベッドの横に置かれた収納かご
寝室の細かいものの収納には、かごが便利。冬はブランケット・毛布入れとして使用できます。天然素材やナチュラルなカラーのかごを選べば、リラックスムードの寝室になじむでしょう。ドライフラワーなどを入れて飾るのもおしゃれですよ。

チェア

ベッドの横に置かれたチェア
チェアも、おしゃれな寝室づくりに活用したいアイテム。ベッドの横や壁際にセンスの良いチェアを1つ置くだけで、洗練された雰囲気を演出できます。デザインによっては、ナイトテーブル(サイドテーブル)の代わりにもなって便利です。

よく着るお気に入りの服・ルームウェア

ピンクのルームウェアとアイマスク
お気に入りの服をハンガーにかけてディスプレイすれば、毎日のコーディネートが楽になる上、インテリアをおしゃれに装飾できて一石二鳥!最近では、着心地が良くデザインも可愛いルームウェアが増えているので、寝室のインテリアとテイストを合わせてコーディネートを楽しむのも素敵です。

プレミアム・アウトレットで寝室を彩るアイテムをゲット!

寝室に置くアイテムをリーズナブルに購入するなら、プレミアム・アウトレットで探してみてください。

「Francfranc(フランフラン)」や「Studio Clip(スタディオクリップ)」といった生活雑貨のショップでは、インテリアを彩る素敵な小物が見つかるはず。また、上質な家具やおしゃれな照明が手に入る「Actus(アクタス)」も見逃せません。

おうち時間や寝るまでのリラックスタイムに、お気に入りのスタイルで過ごしたい人には、可愛いルームウェアが揃う「Gelato Pique(ジェラートピケ)」がおすすめ。メンズ向けルームウェアもあるので、カップルや夫婦で揃えるのも◎

プレミアム・アウトレットには、他にも国内外のファッションブランドが多数揃っているので、ディスプレイしたくなるようなファッションアイテムも見つかるでしょう。

理想の寝室になるよう、インテリアにこだわろう

寝室に置かれたベッドと照明
寝室は身体を休めたり、のんびりと過ごしたりする癒しの場所。そのことを意識して、寝室のインテリアをコーディネートしましょう。ぜひ今回紹介した、おしゃれで快適な寝室をつくるコツや実例を参考にしてください。また、インテリアを彩る家具や小物を揃えたいなら、プレミアム・アウトレットをチェック!寝室に置きたくなるお気に入りのアイテムが見つかります。
ご紹介店舗 出店施設
■Francfranc:御殿場りんくう佐野鳥栖土岐神戸三田酒々井
■Studio Clip:りんくう酒々井
■Actus:神戸三田酒々井
■Gelato Pique:御殿場りんくう佐野神戸三田酒々井
※出店施設は記事公開日時点での情報です。最新情報は各施設のウェブサイトをご確認ください。
TOP