卒園式・卒業式のコーデ特集!40代ママにおすすめしたい着こなし

卒園式・卒業式のコーデ特集!40代ママにおすすめしたい着こなし

子どもの門出をお祝いする卒園式・卒業式。素敵なコーデでおしゃれに決めて、ママにとっても思い出に残る1日を過ごしたいものです。卒園式や卒業式のママはセミフォーマルまたはインフォーマルの落ち着いた着こなしが基本。この記事では、卒園式や卒業式にふさわしいコーデのポイントと、40代ママにおすすめの着こなしを紹介します。
  • 2020.12.21

卒園式・卒業式のママコーデとは

まずは卒園式・卒業式の基本スタイルを押さえておきましょう。入園式や入学式のママコーデと何が違うのかもチェックしてください。

「セミフォーマル」または「インフォーマル」の落ち着いたコーデ

卒園式・卒業式のママコーデは、セミフォーマル(準礼装)またはインフォーマル(略礼装)が一般的です。
セミフォーマルとは、最も格式の高いフォーマル(正装)に次ぐ服装のこと。具体的には、結婚披露宴やフォーマルなパーティーで着るような、露出の多すぎないスーツやワンピースを指しています。
また、セミフォーマルで格式が高いとされるのは、トップスとボトムスを同色・同素材で揃えた服装。いわゆる「ママスーツ」もセミフォーマルの1つです。

園や学校によっては、インフォーマルで参加するママが多いケースもあります。
インフォーマルとは結婚式の二次会やちょっとした会食に適した服装のこと。卒園式や卒業式では、カジュアルすぎないワンピースやスーツをイメージすれば大丈夫です。
インフォーマルでは上下の色や素材が違っても問題ないので、手持ちのジャケットとボトムスを組み合わせてコーデを作っても良いでしょう。

入園式・入学式コーデとの違いは「色」

卒園式や卒業式のコーデと、入園式・入学式コーデとの違いは色使いです。
卒園や卒業はお祝いではあるものの、先生やクラスメイトとのお別れも意味します。そのため黒やネイビー、グレーなどといったシックで落ち着いた色のコーデが主流です。
一方、入園式や入学式ではお祝いムードを表す明るめカラーが好まれるため、白やアイボリー、べージュ、ライトグレー、ペールカラーのコーデが人気です。

卒園式・卒業式のママコーデのポイント

次に、卒園式・卒業式のママコーデで押さえておきたいポイントを紹介します。入園式や入学式で着たセレモニーウェアが落ち着いた色なら、卒園式・卒業式に着回すことも可能です。

サイズ感やシルエットに注意する

鏡をのぞき込む女性
フォーマルウェアは出番が少ないので、久しぶりに着るとサイズが合わなくなっていたり、丈が短く感じたりすることも。
そのため卒園式や卒業式の前に、1度試着しておくことをおすすめします。
また、フォーマルウェアはシンプルなデザインだからこそ、ラインやシルエットが大切。
試着してみて「今の自分」に似合っていないと感じたら、買いかえを視野に入れてみて。

コートや防寒グッズで寒さ対策をする

卒園・卒業シーズンである3月は、春とはいえ日によっては寒いことも。
コートを着るならトレンチコートやステンカラーコートなどの落ち着いたデザインが良いでしょう。ライナーが取り外せるタイプのコートは、入園式や入学式にも着回せて便利です。
体育館などが冷え込むことも考えられるので、カイロやストール、ひざ掛けなどの防寒グッズもあると安心です。

入園式・入学式で着たアイテムも着回せる

子どもと一緒に微笑む女性
入園式や入学式で着たセレモニーウェアを、卒園式や卒業式に着回してもマナー違反にはあたりません。ネイビーやグレーの落ち着いた色のセレモニーウェアならどちらにも着回せますね。
卒園式・卒業式は黒やネイビーのインナーを、入園式・入学式では白のインナーを着るなど、印象に変化をつけて着こなしましょう。
ジャケットが2着ついていたり、ワンピースとスカートがセットになっていたりと、1セットで何通りもの着こなしができるフォーマルウェアもあります。

卒園式・卒業式におすすめコーデ

ここからは、卒園式や卒業式におすすめのママコーデを具体的に紹介します。足元や小物の合わせ方も参考にしてくださいね。

黒またはネイビーのスカートスーツ

コンサバな園や学校なら、ママならではの上品さがある黒やネイビーのスカートスーツが鉄板!
ボウタイやギャザーのついたインナーを合わせると、適度な華やかさが出せます。
黒のスカートスーツを着るなら、足元はナチュラルストッキングがおすすめ。黒ストッキングは喪服をイメージさせるので避けましょう。
また、清楚で上品な雰囲気があるネイビーのスカートスーツは、年齢を問わず人気の高いコ―デです。

グレーのパンツスーツ

マニッシュ派におすすめなのがパンツスーツ。入園・入学式にも着回すなら、きちんと感がありつつ明るい印象になるライトグレーがおすすめです。
卒園式・卒業式では黒やネイビーのインナーを、入園式や入学式には白ブラウスを合わせれば、ガラリとイメージを変えられますよ。
靴やバッグなどの小物は、インナーとのバランスを見ながら選びましょう。
黒で統一すればコーデ全体が引き締まり、アイボリーやライトグレーでまとめれば女性らしいイメージになります。

ネイビーのセットアップ

自由な雰囲気の園や学校の場合、おしゃれ感が出るセットアップもおすすめです。ネイビーのセットアップなら、きちんと感はキープしつつ、こなれた雰囲気を演出できます。
カジュアルなイメージになりがちなセットアップは、小物選びがポイント。
コサージュやヒールのパンプス、パールネックレスなどで、セレモニーにふさわしい華やかさをプラスしましょう。

卒園式・卒業式の小物選びのコツ

フォーマルウェアはシンプルなデザインが多いので、小物使いで個性を表現するとより素敵です。ここでは、卒園式・卒業式コーデのアクセサリーやバッグについて紹介します。

アクセサリーはマナーを押さえて身に着ける

パールのネックレスとイヤリング
卒園式・卒業式の服装は「昼間のセミフォーマル」なので、アクセサリーは光沢の少ないものが適しています。
不祝儀をイメージさせるブラックパールや、カジュアルすぎるアクセサリー、輝きの強いものは避けた方が無難です。
おすすめはパールのアクセサリー。卒園式や卒業式にちょうど良い、上品な華やかさを演出できます。
ダイヤを身に着ける場合は、一粒デザインなどシンプルなものが良いでしょう。

コサージュやブローチはあると便利

パールのブローチ
コサージュやブローチは、あると便利なアイテム。なくても失礼には当たりませんが、着けると顔周りがパッと華やかになります。
色や素材に決まりはないものの、派手すぎないものが好印象です。
コサージュならアイボリーやシルバー、落ち着いたピンクなどの色が人気。
ブローチならパールやスワロフスキーなどがあしらわれた、上品なものが良いでしょう。

バッグは無地で小さめを選ぶ

卒園式や卒業式では、フォーマル用など無地のバッグを持つのが一般的。
小さめの方がバランスは良いですが、必要なものが入るサイズを選びましょう。式典中は椅子の下などにバッグを置くこともあるので、自立するものだと安心です。
配布物などで荷物が増える事も多いので、サブバッグを持って行くと便利です。

卒園式・卒業式コーデはプレミアム・アウトレットでお得にゲット

にぎわう神戸三田プレミアム・アウトレット
全国9ヵ所で展開するプレミアム・アウトレットなら、卒園式・卒業式にぴったりのアイテムがお買い得価格で販売されています。定期的にセールやキャンペーンが行われているので、通常よりもお得な価格で素敵なコーデが完成するかも!
ウェアはもちろん、アクセサリーや靴まで1度のお買い物で揃えられるプレミアム・アウトレットを、ぜひチェックしてみてください。

卒園式・卒業式にふさわしいコーデで参列しよう

フォーマルウェアを着た男の子
卒園式や卒業式は、ママにとっても子どもにとっても大切な節目の日。写真を撮る機会も多いので、マナーを押さえた素敵なコーデで参加したいですね。
改まった場にふさわしいフォーマルウェアや小物をお得に揃えるなら、プレミアム・アウトレットでのお買い物がおすすめ。大人の上品さ、華やかさを意識しながら、おしゃれなママコーデを選びましょう!
TOP