佐野プレミアム・アウトレット周辺の絶品グルメ4選!3大グルメは食べ尽くせ

佐野プレミアム・アウトレット周辺の絶品グルメ4選!3大グルメは食べ尽くせ

栃木県佐野市にある「佐野プレミアム・アウトレット」は都心から車で約80分と、気軽に行けるお買い物スポットです。また、プレミアム・アウトレット施設の周辺には佐野市の三大グルメである「佐野らーめん」「いもフライ」「黒から揚げ」のお店がたくさんある他、地元で採れた野菜やいちごが買える道の駅があるんです。今回は佐野市でオススメの注目グルメをまとめてご紹介します!
  • 2020.02.19

佐野プレミアム・アウトレット周辺は味の宝庫! 佐野三大グルメを制覇しよう!

都心から車で約80分の佐野プレミアム・アウトレット。もちろん、施設内にも美味しいお店はたくさんありますが、佐野には「三大グルメ」と呼ばれるご当地グルメが存在するんです。

今回は、佐野プレミアム・アウトレットからすぐに行ける、是非とも食べておきたい佐野市の「三大グルメ」のお店や道の駅グルメについて紹介したいと思います!

佐野市といえば「ソース」と「いもフライ」

佐野市の名物といえばやはり「いもフライ」。定番のご当地グルメとして深い歴史をもつ食べ物です。

元々、佐野市にはミツハソース(早川食品)とマドロスソース(半久食品)という、地元民から愛される有名なソースがあることから、ソースが市の名物として知られてきました。

このソースと相性抜群な食べ物がこの「いもフライ」なんですね。
茹でたジャガイモを串にさして、衣をつけて揚げてからたっぷりとソースをかけていただきます。

揚げたてサクサクのいもフライと香ばしくて甘いソースのコンビネーションは誰でも好きになる素朴な味わい。初めて食べても、懐かしく感じるような食べ物です。

こちらは佐野駅から最も近い店舗である『ぴのや』のいもフライ(90円)。

※価格はすべて税込表示・2020年2月時点のものです。

佐野市の新名物、「黒から揚げ」が最高に美味しい!

「佐野市の美味しいソースをもっと有名にしたい」

という、地域のソース文化を生かす発想から新たに開発されたのが、ソース味のから揚げ、「黒から揚げ」です。地元住民の方々と行政が協力し、三年の月日をかけて開発されたそうです。
こちらは「佐野黒から揚げ」として第1号の認定を受けた『からあげ家 なるねこ』の黒から揚げ(5個550円)。

鳥もも肉に味がなじむよう、秘伝のソースをたっぷりと絡め、それから揚げて作るのだとか。『からあげ家 なるねこ』をはじめとする、黒から揚げを提供しているお店では、基本レシピを元に各店舗オリジナルの味を追求しているとのこと。

※価格はすべて税込表示・2020年2月時点のものです。
揚げたてサックサクの黒から揚げを一口食べると、肉汁の旨味と甘いソースの香りが口の中に広がりました。

かなりクリスピー感のあるから揚げですが、衣のサクサク加減は「佐野黒から揚げ」として認定される条件の一つになっているそうです。

やみつきになること間違いなしの、ソース味の黒から揚げ。佐野市の新名物として、これからどんどん有名になりそうですね!

知名度抜群! なんといっても「佐野らーめん」は外せないグルメ

栃木県を代表するグルメとしても知られている「佐野らーめん」。

その特徴はなんといっても、「青竹踏み」によって作られる極上の手打ち麺! 水が美味しいことでも有名な佐野市の水を使った多加水麺はツルツル、シコシコな歯応えです。
佐野市の超人気店である『麺屋 ようすけ』のラーメン(690円)+煮玉子(130円)。

独特の平打ち縮れ麺が澄んだスープとよく絡んで、これぞ王道といったラーメンです! 煮玉子はタレの味がしみ込んだトロリと濃厚な黄身が麺とめちゃくちゃ合います。
ラーメンのお供として定番の餃子(300円)。『麺屋 ようすけ』は餃子もお店のオススメメニューですので、ぜひともチェックしてみてください。

※価格はすべて税込表示・2020年2月時点のものです。
こちらは『麺家 ゐをり』のうま塩ラーメン(700円)。

※価格はすべて税込表示・2020年2月時点のものです。
「佐野らーめんの基本は醤油味」ということを理解した上で、あえて塩味で勝負をかけることを選んだ店主による意欲作がこの塩ラーメンです。

まろやかでコクが深いスープにツルツル、モチモチの麺がよく合います。長時間煮込んで作られたバラチャーシューも最高。

伝統を守りつつ、変革も求めたこだわりのラーメンをぜひ味わってみてください。
こちらは『佐野やつや』のらーめん(650円)。

佐野らーめん会の4代目会長である谷津さんのこだわりの一杯です。麺、スープ、具材のバランスが完璧で、すべてが洗練された味。一口目のスープを口に含んだ時の体中に染みわたる感覚は忘れられません。これぞ佐野らーめん。
こちらは、お店の人気No.1メニューの佐野名物セット(1000円)。らーめん、餃子、いもフライ、デザートと大満足な内容となっています。
さらに、黒から揚げ(500円)はかなりスパイシーな味付けで、これはこれでソースとよく合います。新感覚で美味しいです。

なんと、『佐野やつや』に来ると佐野市の三大グルメである「いもフライ」「黒から揚げ」「佐野らーめん」をすべて制覇することができるんですね!

栃木県まで足をのばした際にはぜひ、一度は訪れて欲しい名店です。

※価格はすべて税込表示・2020年2月時点のものです。

新鮮な野菜といちごが手に入る、道の駅にも注目のグルメ

最後にご紹介するグルメスポットは、佐野市にある道の駅『どまんなか たぬま』。
こちらには、朝採りの新鮮な野菜や、栃木県名物でもあるいちごなどが取り揃えられた農作物直売所があります。

旬のいちごはぜひとも、お土産に持ち帰りたいですよね!
この道の駅の中にも、注目のグルメがたくさん存在するんです。

創業150年の『木村屋だんご』のみたらし団子(120円)は焼きたてでモッチモチ。
クリームパンで有名な八天堂と、道の駅がコラボした店舗『パーラーハチ』ではスイーツバーガーが販売されています。

どまんなかいちごバーガー(500円)は栃木県産とちおとめを使用した贅沢なバーガー。フレッシュな酸味と甘さのハーモニーがたまりません。
こちらは、道の駅内に店舗を構えるベーカリー、『うまい食パン』。

その名の通り、本当に美味しい食パンを売っています。
生食パン「狙い打ち」(2斤734円)。

焼きたての食パンはもっちもちのフッワフワで、割った時に立ちのぼる香りがたまりません。ほんのりと甘みのある生地はまるでケーキのような味わいです。

※価格はすべて税込表示・2020年2月時点のものです。

グルメを堪能した後は、佐野プレミアム・アウトレットでお買い物!

以上、厳選して佐野市のグルメ情報をお伝えさせていただきました。

伝統と新しい文化が混ざり合い、絶品グルメのお店がひしめく、栃木県佐野市。ぜひともお越しくださいね!

美味しいごはんを食べた後は、ゆっくりと佐野プレミアム・アウトレットでお買い物などを楽しまれてはいかがでしょうか。
TOP