「鳴沢氷穴」で自然の神秘を体験!周辺の観光スポットも紹介

「鳴沢氷穴」で自然の神秘を体験!周辺の観光スポットも紹介

富士山のふもとにある「鳴沢氷穴(なるさわひょうけつ)」は山梨の人気観光スポットです。樹海の入り口にぽっかり空いた洞窟は「天然の冷蔵庫」とも呼ばれており、氷柱が幻想的に輝きます。今回は鳴沢氷穴の見どころとあわせて「御殿場プレミアム・アウトレット」をはじめとする周辺の観光スポットも紹介します。
  • 2020.11.02

鳴沢氷穴とは

鳴沢氷穴 氷柱
鳴沢氷穴は山梨県の富士山麓に広がる青木ヶ原樹海にある洞窟で、洞内の平均気温は約3℃と一年中ひんやりしています。ライトアップされた氷柱が幻想的な世界を創り上げたかと思えば、アドベンチャー気分を楽しめるエリアもあり、楽しみ方もさまざま。ここでは鳴沢氷穴とその観光ポイントを紹介します。

鳴沢氷穴は山梨・富士山麓に位置する竪穴型の洞窟

青木ヶ原樹海の東の入り口にある鳴沢氷穴は、総延長約150m、幅最大11m、高さ最大3.6mもある洞窟です。なかは環状に繋がっているので、観光するときには洞内をぐるりと巡ることができます。

この洞窟は864年、富士山の側火山である長尾山が噴火したときに噴出した溶岩流が流れ込んで作られました。2つの輪が繋がったようなトンネル式の形が特徴で、のちに地名から鳴沢氷穴という名が付けられました。昭和4年に国の天然記念物として指定されて以来、鳴沢氷穴は地質学的にも貴重な洞窟として評価を受けるようになり、国内外から多くの観光客が訪れています。

氷柱の美しさに心を奪われる

鳴沢氷穴の魅力は、自然が生み出した氷の絶景を堪能できるところです。
ざらっとした岩肌の溶岩棚に囲まれた洞窟内部や天井からは天然水が染み出し、その染み出した水滴は凍って氷柱となります。氷柱は青白くライトアップされ、その幻想的な姿は心を奪われるほどの美しさがあります。

氷柱とは言葉通り氷でできた柱のことで、鳴沢氷穴では冬期にでき始めて4月頃に最も大きくなります。大きな氷柱になると直径50cm、高さは3mにもなり圧巻です。大きな氷柱を一目見たいという方は、春に訪れるとよいでしょう。

夏に涼を求めて行きたい鳴沢氷穴

鳴沢氷穴では、猛暑が厳しい夏でも天然のクーラーで涼を体感できます。一年を通じて気温が低いことを利用して、洞窟内では氷の貯蔵庫が再現されています。さらに氷の壁では、夏でもブロックの形をした大きな氷が積み上げられています。

外との気温差は最大で約32℃にもなり、涼しさを超えて寒く感じてしまうほど。観光の際には、長そでの羽織ものや長ズボンを忘れないようにしましょう。また滑りやすいところもあるので、滑りにくく歩きやすい靴も準備していくと安心です。

観光時間15分でアドベンチャー気分が満開

鳴沢氷穴 洞内
鳴沢氷穴観光の所有時間は約15分と決して長くはありません。しかし、短い観光時間で入り口から地下21mもの深さまで進み、その道のりはアドベンチャー気分に満ちています。

洞内は薄暗く、濡れた急階段は滑りやすいので、転ばないように気をつけながら前に進みましょう。なかには、天井の高さがたった91cmで腰をかがめないと通れないような溶岩トンネルもあります。さらに洞穴の一番深い場所には地獄穴があり、そこには「一歩足場を失う者なら二度と帰ることができない危険な穴」という看板も。日常とはかけ離れたわくわくの体験ができそうですね。

風穴と氷穴を楽しむ観光コースもおすすめ 

鳴沢氷穴やその付近の自然を満喫したいのなら、鳴沢氷穴もしくは「富岳風穴(ふがくふうけつ)」を見学して東海自然歩道を行く1時間のガイドツアーや、氷穴と風穴の両方を楽しめる2時間のガイドツアーに参加してみてはいかがでしょうか。

富岳風穴とは鳴沢氷穴と直線でつなぐと約500mのところにある溶岩洞窟で、総延長201m、高さ8.7mにもなる横穴です。中には人が入れない横穴が無数にあるため、音が反響しないという不思議な空間を体験できます。

ガイドツアーでは氷穴や風穴の観光だけではなく、鬱蒼と茂る樹海の木々に囲まれた東海自然歩道を散策できます。溶岩で覆われた樹海の足元には、地面の上に張り巡らされた木々の根があり、その上をコケがむしている光景は樹海独特の風景です。

鳴沢氷穴周辺にあるおすすめの観光スポット

ホテル 富士山
鳴沢氷穴を見学した後は周辺にある名所や温泉、ショッピングスポットなどに足を延ばしてみませんか。ここでは、鳴沢氷穴周辺のおすすめ観光スポットを紹介します。

1.河口湖

富士山 逆さ富士
富士五湖のひとつである「河口湖」は、富士山の名勝地として知られています。湖畔からも富士山は眺められますが、遊覧船「アンソレイユ号」のデッキスペースからは富士山を含む河口湖の360°パノラマビューが楽しめます。さらに、気象条件が揃えば、湖面に映し出される逆さ富士を見られるかもしれません。

また、川口湖畔駅と富士見台駅を繋ぐ「富士山パノラマロープウェイ」からは、より大迫力の富士山を眺められます。ロープウェイの終着点は標高1075m地点にある天井山山頂で、展望台からは富士山の裾野まで見られる上に河口湖も望めます。

2.富士急ハイランド

絶叫マシン好きにはたまらない富士山麓にあるアミューズメントパーク「富士急ハイランド」には、スリル満点のアトラクションが盛りだくさん。「ド・ドドンパ」「FUJIYAMA」「高飛車」「ええじゃないか」の4大コースターや、ホラーアトラクション「絶叫・旋律迷宮~収容病棟篇~」など、身の毛もよだつ体験が目白押しです。

加えて、小さな子供に人気の「トーマスランド」など、ファミリーで楽しめるエリアやイベントも充実。富士急ハイランドのオリジナルキャラクター「絶叫戦隊ハイランダー」や「超高速Qファイター」によるショーなども開催されています。

その他、冬場には屋外スケートリンクも登場し、一年を通して子供から大人まで楽しめます。

3.富士眺望の湯 ゆらり

富士山の雪解け水が湧き出た天然温泉でのんびりできる日帰り温泉「富士眺望の湯ゆらり」。温泉にゆっくりと浸かって癒やされながら、雄大な富士山を眺めることできます。バスタオルとフェイスタオルの貸出しもあるので、手ぶらで行けるのも嬉しいポイントです。泉質は弱アルカリ性低張性低温泉で、霊峰露天風呂や湧水風呂、香り風呂、蒸し風呂など全16種類のバラエティ豊かなお風呂を楽しめます。

併設の食事処からも富士山を眺められ、個室では食事をSLが運んでくれるという楽しい趣向も。無料と有料の休憩室が用意されているので、湯上り後もゆっくりとくつろげます。

4.音楽と森の美術館(旧「河口湖オルゴールの森美術館」)

富士山も望める豊かな自然に包まれた「音楽と森の美術館」では、ヨーロッパの街並みを思わせるロマンチックな風景が広がります。

館内には、世界最大級のダンスオルガンやタイタニックに搭載予定だった自動演奏楽器など、貴重な品々を展示。サンドアコンサートやオペラ歌手と自動演奏楽器のコラボレーションコンサートなども数多く開かれ、美しい音色や歌声に癒やされることでしょう。

その他、約720品種1,200株のバラが咲き誇るローズガーデンやカジュアルフレンチを楽しめるレストラン、のんびりと過ごせるカフェなどもあります。

5.御殿場プレミアム・アウトレット

北米の古い街並みをイメージした「御殿場プレミアム・アウトレット」は、人気のブランドショップやカフェ・レストランが軒を連ねる大型のショッピングスポットです。

2020年6月には、約12年ぶり第4期目の増設となる新設エリア「ヒルサイド(Hill Side)」がオープン。日本のアウトレット初出店となる「ヌメロヴェントゥーノ(N°21)」や「トム ブラウン(THOM BROWNE)」といったショップが加わり、施設全体の店舗数は約290店舗に。また、イタリア製のメリーゴーラウンドのあるミニ遊園地など、ファミリー向けのエリアも登場します。

さらに丘の上には、客室の過半数以上から富士山が望める宿泊施設「HOTEL CLAD(ホテル クラッド)」が開業。日帰り入浴が楽しめる温泉もあり、ショッピングや観光で疲れた体を癒やせます。

鳴沢氷穴やその周辺の観光と合わせて、日本最大の滞在型リゾートアウトレットへ訪れてみてはいかがでしょうか。

山梨の人気観光スポット鳴沢氷穴に行こう!

富士山 河口湖
富士山麓に広がる樹海の入り口にある鳴沢氷穴は、夏の避暑としてだけではなく、氷柱の美しさやアドベンチャー気分も楽しめる人気の観光スポットです。近くには絶景を満喫できる河口湖や新たなリゾート体験ができる御殿場プレミアム・アウトレットなど、魅力的なスポットも充実しているのであわせて巡ってみましょう。次のお休みには、ぜひ山梨観光へ出かけてみませんか。
※最新の営業状況は、各施設や店舗のウェブサイトをご確認ください。
TOP