観光もグルメも楽しめる成田山新勝寺!駐車場情報も紹介

観光もグルメも楽しめる成田山新勝寺!駐車場情報も紹介

東京都心から車で約1時間、電車なら1時間半ほどの成田山新勝寺。歌舞伎の市川團十郎と縁が深く「成田屋!」の掛け声でも知られています。参道から境内までが非常に広く見どころ豊富なため、観光マップを片手に巡るのがおすすめ。今回は、成田山新勝寺の見どころやお参り後に立ち寄りたい酒々井プレミアム・アウトレットなど、周辺のおすすめスポットを紹介します。
  • 2020.10.12

成田山新勝寺を参拝!観光の見どころは?

成田山新勝寺の参道
成田山新勝寺の開山の起源は、平安時代と言われています。時の天皇・朱雀天皇の命を受け、寛朝大僧正が不動明王像とともに成田山へとたどり着き、御護摩祈祷を行ったとされ、1,000年以上の歴史を持ちます。まずは歴史ある成田山新勝寺の観光の見どころを見ていきましょう。

大本堂など各お堂を巡ろう

新勝寺の境内はとにかく広いのが特徴。その広い敷地内には、いくつものお堂があります。まずは厳かな総門をくぐり、途中にある仁王門の階段をのぼって大本堂へ向かいましょう。大本堂前にある色鮮やかな三重塔は、国指定重要文化財でもあります。

パワースポットとしても知られる新勝寺ですが、最もパワーが強力とされるのが奥之院です。普段は閉ざされていますが、毎年7月に期間限定で開帳されます。また、釈迦堂前の本堂である光明堂には「愛染明王(あいぜんみょうおう)」が祀られており、縁結びのご利益があることで知られています。

さらに最も奥にある平和の大塔や、大本堂に向かって左手にある出世稲荷も、その厳かな佇まいは一見の価値ありです。

賑やかな表参道を歩こう

成田駅前から成田山新勝寺まで続く約800mの表参道も、観光地として知られています。ここは江戸時代、門前町として栄えたエリアで現在もその面影を残しています。新勝寺に近づくほど、古い街並みが趣深いスポットです。

表参道には、歴史を感じさせる年季のある建物から新しいショップまでたくさんのお店があります。成田名物を食べられる食事処や人気の和洋スイーツを食べられるお店、お土産屋さんなどがずらりと軒を並べています。

また、表参道には「ゆっくり成田を散策してほしい」という思いを込められた、十二支の石像が並べられていますので、のんびり歩きながら自分の干支の石像を探してみてはいかがでしょうか。

観光コースの出発地点・成田山新勝寺表参道の見どころ&グルメ

成田山表参道の風景
約800mある成田山新勝寺の表参道は、歩いているだけで気分が高まる風情ある街並みです。名物のうなぎ屋さんや鉄砲漬を扱う漬物屋さんなど、昔ながらのお店が軒を連ねます。ここでは成田山表参道の注目グルメなどを紹介します。

表参道で新勝寺の歴史を感じるスポットへ

まずは、新勝寺の歴史を感じられるスポットへ足を運んでみましょう。「成田羊羹資料館」は、千葉の製菓メーカーが運営している羊羹の資料館。羊羹の歴史や作り方の写真や映像を展示しています。
お土産を買うなら、千葉県産の野菜や果物はもちろん、千葉の特産品もそろっている「道の駅房の駅」もおすすめです。こちらではピーナッツの詰め放題を体験でき、チョコレート、黒ごま、キャラメルなど12種類のフレーバーのピーナッツをカップに詰め込んで楽しめます。
「不動の大井戸」は、成田羊羹資料館のある米屋総本店奥のお不動様旧跡公園内にあるスポットです。清水が湧き出ており、地元の人に大切に守り続けられてきました。自由に汲むこともできます。

新勝寺表参道へ行ったらうなぎはマスト

うな丼とお味噌汁
成田に来たらぜひ食べてほしいのが、うなぎです。表参道には、たくさんのうなぎの名店があります。店前にうなぎを焼く煙が立ち上る「駿河屋」は、成田でも有名店のひとつ。
いつも多くのお客さんで賑わう名店「川豊」は、テレビや雑誌、ブログなどのSNSでもたびたび紹介され繁盛期には整理券が配られるほどの人気です。
人気のうなぎ料理の他にも、お蕎麦や天ぷら、刺し身料理も美味しい「近江屋」は創業300年の歴史あるお店で、店構えにも風格が感じられます。
落ち着いた店構えで、本格和食とうなぎを食べられる「日本料理菊屋」は、このエリアでは珍しく夜も営業しており、お酒とともにうなぎを楽しめます。

定番&新感覚のグルメをチェック

もちろん成田山にはうなぎ以外のグルメも豊富にあります。金時の甘太郎の「大判焼き」は、薄皮にあんこがたっぷり詰まった昔なつかしい味わいの定番スイーツ。外の皮はパリっと、中に入ったあんこは小豆の粒がしっかりしているので、食べ応えも抜群です。
また蔵元グルメ鍋屋源五右衛門の「フローズン甘酒」は、発酵食品として注目を集めている甘酒を凍らせてシャーベット感覚で食べられる新感覚のグルメです。暑い日に表参道を散策する時には、食べ歩きしてみてはいかがでしょうか。

成田山新勝寺の駐車場・観光所要時間

駐車場に並んだ車
多くの参拝者が訪れる成田山新勝寺は、成田空港から近いため外国人のお客様も多めです。JR成田駅および京成成田駅すぐから表参道が始まるので、電車での訪問がベターですが、意外に駐車場も多くあります。成田山新勝寺の駐車場情報と観光の所要時間を解説します。

成田山新勝寺の駐車場

新勝寺に車で行く場合、表参道散策も楽しめるように、新勝寺に近く駐車場よりも駅に近い駐車場を探しましょう。

公式の駐車場は、総門まで3分ほどの門前駐車場(85台)、弘恵会東町第1駐車場(120台)、弘恵会東町第2駐車場(100台)で、いずれも有料となります。

新勝寺まで少し歩きますが、停められる台数も多く、比較的リーズナブルなのが、京成成田駅に直結の成田楽々パーキング(440台)です。ここから成田空港までは、タクシーで約15分です。

成田山新勝寺の所要時間

広い境内を持つ成田山新勝寺は、散策するだけでもとても時間がかかりそうですが、実際に成田山新勝寺を観光する際にはどれくらいの時間を見ておけば良いのでしょうか。

まず、大本堂だけ参拝するのであれば、所要時間は30分ほどです。もし、奥之院や光明堂など境内の主要なお堂を巡るのであれば、2~3時間は見ておくと良いでしょう。表参道もあわせてしっかり見るなら、半日程度と考えておくと安心です。その際には、表参道でのランチも予定に入れておくことをおすすめします。

成田山新勝寺周辺のおすすめスポット

夕暮れの成田空港
半日程度あれば、成田山新勝寺はゆっくりと見て回ることができます。せっかく成田山観光をするなら、近隣の人気スポットにも足を延ばしてみてはいかがでしょうか。最後に、新勝寺から近いおすすめスポットを紹介します。

酒々井プレミアム・アウトレット

酒々井プレミアム・アウトレット
成田山新勝寺から車で20分ほどのところにある「酒々井プレミアム・アウトレット」。アメリカン・アール・デコを取り入れた、明るい街並みのアウトレットです。国内外の人気ブランドショップなどが約220店舗並び、ランチや休憩にぴったりの美味しいグルメも豊富にそろっています。

ショッピングの他、冬になるとイルミネーションが点灯するため、デートスポットとしても人気です。

酒々井温泉 湯楽の里

のどかな田園風景を眺めながら入浴できる開放的な露天風呂が魅力の温泉。成田山新勝寺から車で約20分です。2020年9月30日まで、酒々井プレミアム・アウトレットでお買い物をしたレシート持参で、入館料の値引きやタオルの無料貸出のサービスがあります。

ボティケアやエステ、アカスリもあるので、お買い物の疲れはもちろん日頃の疲れを癒やすのにもってこいの施設です。

成田山新勝寺で清々しい参拝と楽しい観光を

成田山新勝寺の三重塔
1,000年以上にわたり多くの参拝客を迎え入れ、門前町の豊かな発展にも貢献してきた成田山新勝寺。昔からこの地に暮らす人々に愛され、お祭りや伝統料理など、新勝寺ならではの文化や教えが守られてきました。

新勝寺の見どころと美味しいグルメを楽しみながら、有意義な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

※最新の営業状況は、各施設や店舗のウェブサイトをご確認ください。
TOP